微課金スマホゲーマーがお金かけずにTOEIC800点を取れた話

アメコミのための英語か、英語のためのアメコミか。TOEIC後の英語の勉強の仕方についてのブログ

荒野行動に真の国際交流があった

微課金ゲーマーとブログタイトルにつけながらも最近はあまりゲームも課金もしていなかった。

それが何かのアプリの広告で荒野行動を知って試しにインストールしたところ、こんなにはまるとはである。

FPSは上手くもないのでドンカツはデュオで一回とスクワッドで一回だけしかしてない。

50対50で勝利チーム側にいたこともあったが味方チームに終盤まで合流できず、その頃には味方30対敵10での戦いになっていて結果的には圧勝だった。 あれだとドンカツした感じはない。

それでもはまってしまうのはそこに生々しい人間ドラマがあるからだ。

メッセージもVCも使わないのに、いや言葉によらないからこそ余計にボディーランゲージでのコミュニケーションが伝わった時に興奮がある。

同じチームの中国人らしきプレーヤーが車で迎えに来てけれたおかげで安地に滑り込めた時には、それだけで何かを成し遂げたような気になってしまう。

時には何一つ言葉を交わしてないのにプレー中のフィーリングで何かを感じたのか、 向こうからフレンド申請が来る事もある。 それで更に二三戦をチームで戦った事もあった。

もちろんこちらからフレンド申請もする。 そして、無視される事もある。 それもまた国際交流の現実だ。

Youtubeにもそんな偶然の一期一会が作り出すドラマの数々が上げられている。

これを上げているプレーヤーはゲームが上手いだけでなく、英語や中国語を駆使して見知らぬ中国人と共同戦線を構築するところまでたどり着いている。

同じチームを組むことになった直後は複雑な日中関係を反映してぎこちない距離感から始まっても、物質のプレゼントや一緒に移動したりといった共同作業を通して信頼関係が少しずつ構築されていく。

ドンカツできてもできなくてもそこには共に何かを成し遂げた達成感がある。

たった10分の動画の中に国際交流の全てが詰まっている。

Hello talkをやるよりも荒野行動で中国人とチャットした方が語学の勉強になるんじゃないのか?

荒野行動グローバルサーバーにはそう思わせてくれる感動があった。

声調確認くんという無理ゲー その2

前回までのあらすじとしては発音抑揚チェックアプリ声調確認くんで中国語に挑戦してみたところ你们好という初歩の挨拶程度で躓いてしまった。

だが語学は躓いた所は迂回してとにかく前に進むしかない。

しばらくしてまた戻って試すとできなかったことができるようになっているのも語学のよいとこ。

 

前回の後、声調確認くんに向かって怪しい中国語の発音を聞かせてみたらこうなった。

f:id:fintheninja:20180625182114j:plain

 

 

初心者にしてはいいんじゃないかな。

語学の初期段階に必要なのは完璧主義より自画自賛である。

語学の勉強が続かない人は初級で厳しくやって中級で甘くなっている。

 

 

f:id:fintheninja:20180625182210j:plain

おお、俺って才能あるよ。

 

 

f:id:fintheninja:20180625182239j:plain

五単語でもイケてるぅー。

もしかして、知らなかったが俺は中国人なのか?

 

f:id:fintheninja:20180625182355j:plain

OK,OK。

別に中国語のネイティブスピーカーを目指してわけじゃないしー。

 

 

f:id:fintheninja:20180702142136j:plain


パァ!出たぁ!

出たよ。出ました。

これだよ。

本来無理ゲーであるはずの中国語の発音がこのまま順調に進むわけがなかったのである。

なんだよこれ。

事件現場に残された怪人の爪痕か?

しかも、クジラは魚ではなく、哺乳類の動物だですか。

どこで使うんだよこの例文をよ!

日本語ですら日常会話で使った記憶がない。

 

しかし、あくまで戦いを挑むしかない!

 

f:id:fintheninja:20180702143013j:plain

できない。

いや、一度でできたら無理ゲーの名にふさわしくない!

 

f:id:fintheninja:20180702143056j:plain

 そして、できない。

ここまででチャレンジ10度目くらい。

  

f:id:fintheninja:20180702143127j:plain

はい、できない。

これは30回目くらい。

できるかこんなもん!

後、1回できないと言ったらジャイロ・ツェペリが教えてくれるはずだ。

仮に1度正しい抑揚を出せても次にまた正しく出せる気が全くしない。

 というか声調の抑揚ができていても単語の発音ができてなかったら中国人には通じないんじゃないのか?

Hello talkを使っていた頃は中国人とよく英語で話したが、むしろ日本人よりも英語が使える人は多い。

もっとも母数となる人口がめちゃくちゃ多いから、英語が話せる人も日本人より多くのなるのだけかもしれない。

北京語、上海語、広東語と発音の異なる言語が国内に複数あるから、それで中国人は異言語に慣れるのが日本人より楽なのかもしれない。

 

いずれにしろ今回の結論は中国人と会話したいなら英語で話そうである。

 

 

 

 

声調確認くんという無理ゲー その1

NHKアプリのゴガクルには声調確認くんという発音チェックができる機能がある。

英語用もあるが中国語用の方が圧倒的にビジュアル映えする。
ここは台湾、香港、広州に行って本場の中国語の洗礼を受けた友人Nの出番である。

ニックネームのNは彼が台湾で遭遇した能年玲奈から取らせてもらった。


N「なんでそんな恥さらしをしろと?」

 

ーネタがねえんだよ!

 

N「そんなことは知らねえんだよ!」

 

ーネタなしにうどやってブログを更新できると思ってんだよ!

 

N「(更新)しなければいいだけだろうが!」

 

ー頼む。
ネタがないんだ。
ネタだよ、ネタが欲しいんだ。

 

N「哀れだな。吸血鬼かお前は。
中国語じゃなくても良いって言ってたよな。
俺が勧めたやつ書けよ」

 

霊幻道士だろ?

 

N「絶対面白いから」

 

ー興味がないな

 

N「とにかく最初の1だけでもいいから」

 

ー見たら(声調確認くんを)やってくれるか?

 

N「やるわけないだろ」

 

ー音声をアップするわけじゃないから誰かもわからない。
問題ないだろ。

 

N「なら、お前がやればいい」

 

ー・・・。

 

思い出して書いているせいもあって脚色もあるが概ね友人Nとこういう会話をした挙句、最後は自分でやる羽目になった。

 

改めて説明すると声調確認くんはスマホの録音機能を駆使して中国語の発音を解析してくれるという優れものだ。

中国人講師を高いバイト代で雇わないとできなかったような贅沢が今はスマホ一つでできる。

 

中国人ネイティブスピーカーによるお手本も聞ける。

録音した自分の声とお手本を合成して自分の声でのお手本まで再生できる。

まさにデジタル世代の申し子である。

 

これが無料のアプリって太っ腹だなNHK

NHKオンデマンドで過去のテレビ版語学講座も視聴できるようにしてくれよ!

 

この画面に向かって発音する。f:id:fintheninja:20180605072632j:plain

 

まずはこんな感じ。

f:id:fintheninja:20180605073022j:plain

 

初心者にしては上出来だろう。

なお音調の変化を判定しているだけなのでハミングでもOKだった。

実際の中国語の発音として正しいのかは関係ないようだ。

 

次は”みなさんこんにちは”である。

f:id:fintheninja:20180605073515j:plain

 

Menの音が外れているが他はこんなものか?

もう一回挑戦だ。

f:id:fintheninja:20180605073850j:plain

今度はHaoの音が合わない。

 

三回目である。

f:id:fintheninja:20180605074056j:plain

はい、遠のきましたー。

 

お手本の音声をよく聞いてからやり直し。

f:id:fintheninja:20180605074327j:plain

さっきとほとんど変わってない・・・。

 

この後、何十回やっても三つ揃ってはお手本に合わない。

 

ある時はメンを突き抜けてみたり。

f:id:fintheninja:20180605075243j:plain

ヘイ!メーン

 

ある時はハオを突き抜けたり。

f:id:fintheninja:20180605082031j:plain

スキーで空中滑空してからの雪に突入的なハオ。

 

たかが”みなさんこんにちは”で既にこの難易度である。

 

中国語ってこんなに難しいんですか?

 

中国語にEasyモードは無しなのか?

 

これ本当に八億人も使ってる言語なの?

 

挨拶で心が折れたので続きは次回にする。

 

 

ヒロシの迷宮グルメ 異郷の駅前食堂

BS朝日でやってるヒロシの迷宮グルメ。

なぜこれを見始めたのか思い出せないが、気がつくと録画して毎週欠かさず視聴するようになってしまった。

内容はアポなし系の旅番組らしい。
本当にアポなしなのかスタッフが先に下見くらいしてるのかは謎だ。
異郷の駅前食堂というだけあってヨーロッパのあちらこちらを鉄道で移動しつつ降りた駅で食堂を探す。

特にハプニングもイベントもなく近所をぶらつく。
ヒロシが身振り手振りでどこかにレストランはないかと通行人に聞くんだが、必ずしも教えてもらった店で食べるわけでもない。

3回分は見てるが未だにルールがわからないまま見ている。

コントをやってるわけではないから5分10分で何度も爆笑させてくれないが、ながら見してるとヒロシのつぶやきに所々で笑ってしまう。

ヒロシも英語が話せるわけでもなく各国の地元の通行人も英語が話せない人もいるから、見知らぬ土地でのふれあいトークがあるわけでもない。

英単語を二つ三つ言い合ってからヒロシと地元民が意味もなく「イェーイ」とかやっている番組だ。
この英単語だけでなんとなく会話している気になれるというノリがリアルな海外旅行という感じて楽しい。

しばらく会ってなかった友人が旅行先から動画を送ってくれてるような番組だが、手の込み過ぎウケ狙いすぎなバラエティ番組にこっちは飽きているからこれくらいが丁度いい。

そんな海外駅前食堂芸人のヒロシが番組中で「昔英会話習っていたんだよ」と衝撃的なつぶやきをもらす。

世間的には雨上がりの水たまりにアメンボウがいるの見つけて「アメンボウだ。珍しい」というレベルの衝撃かもしれないが、この英語学習ブログとしてはそれをネタに久しぶりの更新をしたくなるほどの衝撃である。

何カ国もまわりながら「この近くにレストランはありますか?」さえ英語で言えないヒロシが英会話をやってた!

「アパートに美人が訪ねてきて、英語興味ありますかって言われて、はいっつってさ。
で、67万円の教材を買わされてさ。
(しばらく黙る)
それでも、それでもこういうメニューさえ読めないからね」
こうつぶやいた後、ヒロシはおもむろに日本語で「すいませーん」と店員を呼ぶ。


「おすすめ、おすすめってなんだ」
こう悩んでからヒロシが出した答えは。


「ベストメニューで行こう」

 

絶対通じないだろそれ!

 

ヒロシ「ディス ショップ イズ ベスト メニュー」
ハンガリー人の店員「スープ? ディス スープ?」
ヒロシ「スープ?(困った顔) スープじゃなぁい。メインメニューで」

 

やっぱり通じてねぇ。
しかし、ヒロシは指さしという人類共通の偉大なコミュニケーションテクニックを駆使して店のおすすめである”カエルの足の唐揚げ”を教えてもらう。

 

ヒロシ「フロッグレッグ?これはわかる。カエルの足でしょ?(一瞬だけ悩んで)いこうこれで」
ハンガリー人の店員「スープ? スープ イズ No?」

あくまでもスープ押しな店員。

ヒロシ「じゃスープもつけて頂いて」

 

なんだよ。

結局、この店のおすすめはスープかよ!


こういう楽しみ方は非常にマニアックだとは思うが、それができる人にはこの番組は強くおすすめである。

 

しかしヒロシが英語ペラペーラだったらこの番組はハプニングもなく淡々と駅で降りて飯を食うだけの番組で終わっていたわけだ。

それはそれで旅番組としては面白いのかもしれないが。

このヒロシの迷宮グルメは英語ができないことの良さを教えてくれた。

日本人は英語産業に煽られて英語できなきゃと思い過ぎである。

さすがにヒロシも中学生レベルの英語は習得して欲しい。

www.bs-asahi.co.jp

 

春から始めるHello talkの正しい使い方

語学アプリをまだ使っていた時代に知り合ったカナダ人が桜を見に日本に来るという。 来日する時にちょうど時間があったので、先日一緒に花見をした。

駅で待ち合わせると美人の彼女はイケメンの彼氏と一緒にやってきた。 彼女は日本語が少しできるが、彼氏の方はできない。 そうはいっても彼女の方もJLPTのN5なので会話は基本的に英語である。

二人ともアニメが好きそうな感じではないが大のアニメファンで、秋葉原で新作アニメのブルーレイを買ってきたと嬉しそうであった。 東京に来た外国人て本当に秋葉原に行くんですね。 いや驚きました。

花見といってもブルーシートを敷いてやる本格的なものではなく、桜の多い場所を歩いた程度だったが楽しかった。

しかし、私は途中でスタバかタリーズで休憩してゆっくり話でもしたかったのだが二人はひたすら歩き続ける。 歩きながら喋ったから充分話せたとはいえはっきり言って疲れた。

できるだけあちこちを観光したいからだそうだが、次に来るならもっと一ヶ所でのんびりして欲しいものである。

Hello talkでけっこうな数の外国人と話したが、結局実際に会ったのはそのカナダ人だけである。

元々、こちらには会うつもりがない。

どの国の人も「こっちに遊びに来いよ。案内する」と気軽に言って来るがまず社交辞令だ。

こちらとしてはそもそも気軽に海外に行けるわけでもないがあまりに簡単に「案内するよ」というやつが多いので、試しに「来月、そっちに行く」と振ってみたらほぼほぼ全員が「旅行を楽しんでね」というだけ。

そんなもんだって。

それでも、Hello talkは使い方を間違えなければ英語の上達には役に立つ。

そこで今回はこのブログがすすめる正しい使い方である。

恋人を探すな

とにかく止めとけ。

Hello talkで継続的に話せた外国人女子の全員から、いかに恋愛目的の男子ユーザーがむかつくかを愚痴られた。

「写真送れとしつこく言ってくる」

「LINEで話そうと言ってくる髭面のおっさんがいても不思議ではないと思って使っていたので、ちゃんと髭面の男子にも一緒に勉強しようとメッセージを送っていた。

そうは言ってもだ。

話した女子の中には「恋愛目的」じゃないと強く訴えながら、なぜか「日本人はかっこいい」だの「顔がはっきりわかる写真を見せて」だのとメッセージを送ってくる外国人女子もいた。

そして、これは外国人男子から聞いた話だが明らかに恋愛目的で使っている日本人女子も少なからずいるそうだ。

もちろん彼女たちは偽装女子ではなく、ビデオ通話で話すとちゃんと女子だったという。

あなたにその気がなくてもこういうのは関わらない方が良い。

もしあなたが「病気で入院しているこどもたちに手作りのぬいぐるみを配っているアメリカの少年」の話しかしていなかったとしても、こういう女子はほとんど思い付きレベルで「あなたは恋愛目的でしょ!止めてくれる」というメッセージを突然送ってきたりする。

マジだから。

有料会員になる

有料会員になるには毎月600円かかる。

これを高いと思うなら英語アプリなんか止めて、スマホゲームに課金してた方がはるかに楽しい。

ゲームの課金としては月600円程度では話にならない事を考えれば、三ヶ月くらい試しにHello talkで課金もアリ。

実際、有料会員として使っていた感想はもっとお得感が欲しいだ。

有料登録した後で外国人から話しかけられることが増えることは特になかった。

メッセージを送った相手からの返信率が上がることもなかった。

それでも余程ダメなアプリでもない限りユーザーがちゃんと課金した方が良い。

ただ乗りユーザーが多すぎるアプリはユーザー側にとっても良いことない。

使いやすくて便利でそれで何年使っても無料のアプリがあるとしたら、そういう会社はこちらの個人情報を抜き出して悪用しているとしか思えない。

NHKのゴガクルは無料の優れたアプリであるが、あれはNHKに受信料で課金しているわけである。

ネイティブに英語を習うな

未だに海外に留学しないと英語が使えるようにならないと信じている日本人が山ほどいるが、完全に英語産業にカモにされている。

高卒のアメリカ人に英語を習うより、大学院で英語学習を専攻した日本人に習った方が絶対伸びる。

もしHello talkで知り合うアメリカ人が大学生だったとしても、日本人の英語学習の悩みにちゃんと答えられる人はいない。

そりゃアメリカ人に日本語で英語のことを聞いてもダメでしょとわかったような事を言うやつは論外である。

日本語で書かれた参考書でまず簡単な英語を身に付ける。それから、複雑な英語を簡単な英語で勉強する。

簡単な英語と言うのは中学レベルの英語である。

アメリカやカナダの語学学校に留学している日本人大学生でも中学レベルの英語が使えない人が少なくないという現実がもっと知られるようになれば、語学留学に資金を投じようという人も減ってくれるはずだが語学留学経験者が己の恥をわざわざさらすわけもない。

海外に語学留学するくらいなら、ゴガクルで簡単な英語を身に付けて、そしてHello talkに月600円払って外国人と英語で喋ってた方がコストパフォーマンスは圧倒的に高い。

あなたがHello talkで何十人と話しているとそのうち私が出会った外国人のような良い人も出てくる。

その確率は低くはない。

少なくとも語学留学で地元のネイティブスピーカーと友人になるよりは高い。

仮想通貨による投げ銭の敷居は意外と高い

前回、平昌オリンピックのスノーボードについて書いた。

このブログの看板コンテンツである英語学習とも、アクセス数の多い記事であるヤングジャスティスとも繋がりのないスノーボードのネタでも果たしてアクセス数は変わらないのか。 それを検証するための記事であった。 その結果を書けば、アクセス数に変化はなかった

アクセス数の平均値が増えもしなければ、減りもしなかった。 書いたこちらとしてはこの結果をどう捉えていいのかまるでわからない。

インターネットの仕組みを考えてみる。

アクセス数=キーワードの検索者数×サイトの表示順位+いつもの読者

要するにこういう事だろう。 しかしアクセス解析でもその内訳はわからない。

突発的な内容の記事でもアクセス数が変わらない時に、いつもの読者が来訪した結果なのか、通りすがりの検索者が偶然訪れた結果なのかもわからない。

そもそもこのブログは結果に大騒ぎするほどのアクセス数でもない。

ここは場末の怪しい古美術店のようなものである。

もしかしたらこのブログは人間は読んでいなくて、人間社会を解析する機械学習中のAIが読み込む膨大な情報の1つにすぎないのか。

それはそれで面白いが。

というわけで、仮想通貨の話だ。

このブログがモナコインやBitzenyなどに期待するのは投機対象としてではなく、投げ銭というソーシャルツールとしての仮想通貨だ。

日本ではこれからイラストに投げ銭したりブログに投げ銭したりが盛り上がるのではないかと思ったが、それにはまだまだハードルがある。

一番のハードルはまず仮想通貨を使うことが普及してない。

友人で仮想通貨を知っている人は多いが、実際に保持している人はいない。

飯屋に行ったら隣のテーブルの二人組の客が仮想通貨について話していた。

片方の客はビットコインイーサリアムを投機商品として買ったようでそれを熱心に語るのだが、もう片方は興味がないらしく冷めた反応を返していた。

ここ半年で実際に仮想通貨を買った人の話を聞いたのはこれだけだ。

友達の友達の話ですらない。

メジャー選手のビットコインイーサリアムでさえこうなら、モナコインやbitzenyを買ってる人と偶然出くわすことはほぼほぼなかろう。

私が考える投げ銭したくなるネットのお役立ちコンテンツは"手順を分かりやすく説明してくれている記事"だ。

ヨーロッパで電車に乗る時にどうやって切符を買うかとか、外国の手軽に行ける飯屋はどれとか、一度でも経験すれば簡単に分かるが未経験では戸惑う事についてだ。

そういう記事を見かけると投げ銭したくなるが、そういう記事を書いている人はだいたい仮想通貨の受け入れ態勢が整ってないので投げ銭する入れ物が置かれてない。

仮に投げ銭の入れ物が置かれていても、読んでいる方がモナコインやbitzenyを持っている可能性が高いわけでもない。

良かった記事やイラストに投げ銭するためにわざわざ仮想通貨の取引所に口座を開設する人間が一般的とは思えない。

投げ銭するためにマイニングする人間はもっといなかろう。 名が知れないと使われないが有名になると値段も上がって手を出しにくくなる。 知名度が上がって掘る人が増えるとマイニング効率も悪いという。

そうなると、無名の仮想通貨ならマイニングしやすく買うにも安いが、そんな仮想通貨は誰も投げ銭の受け入れ態勢が整ってないとなる。

それにまだブレイクしてない仮想通貨は買える場所が少ないらしい。

いっそAmazonがブログサービスを始めてくれて、会員同士が匿名でAmazonポイントを投げ銭できるようにしてくれたらと思う。

トリップアドバイザーと連携してくれればもっと良い。

Amazonポイントでは仮想通貨のような値段の激しい上下というわくわく要素がないから、投げ銭ブログがたんなる有料購読ブログになってしまうのではあるが。

スノーボードのスロープスタイルが面白かった

普段SNSというものをほとんど使っていないので、なぜに人々がSNS中毒になるのかと不思議だったがこのブログを書き初めてから謎が解けた。

中毒性の原因は自分の投稿への反応に一喜一憂してしまうからだ。

ブログのアクセス数が増えるかどうかは全くの運ではない。そこには何らかの傾向や理由があるのだが、書いてる方にはそれがブラックボックスだ。

期待したより増えないかと思えば、突然増えていたりする。

次がどうなるのか予測が出来ない。
それでもアクセス増加の工夫の成果はそれなりに現れる。完全に結果がランダムでは努力をする気が沸かない。
常に予測通りの結果では刺激が乏しくて飽きる。
この運と努力の絶妙なバランス加減がギャンブルのそれと非常に近い。

 

スマホゲーマータイトルに書きながらログインしない日があるレベルなので自分はSNSの中毒とも縁がないと思いこんでいたが、まさかブログのアクセス数の増減にはまるとは思わなかった。


アクセス解析によるとこのブログで最も人気のある記事はヤングジャスティスとティーンタイタンズ関連である。
世界的に話題沸騰中のビットコインよりも、日本人が大金を投じ続ける英語の勉強についてよりも、世間から忘れられつつあるDCアニメのヤングジャスティスが最もアクセス数を稼ぐってどういう事なんだよ。

 

こうなると記事の内容とアクセス数は本当に関連があるのかという疑問が生じざるを得ない。

 

おそらくこれはgoogoleの検索結果でこのブログが上位に表示されるのがヤングジャスティスだからだ。


そうか納得した。

 

そこでブログのメインコンテンツである英語の勉強でもなく人気コンテンツであるヤングジャスティスでもないネタを記事にしてアクセス数の変化を観察してみる。

 

というわけで今回はオリンピックのスノボードスロープスタイルについて語る。

f:id:fintheninja:20180214192544j:plain

この競技についての知識はというと、偶然テレビで中継を見るまでは世の中にこんな競技が存在することすら知らなかったレベルだ。
ところがそんなにわか観戦者にもこのスロープスタイルは非常に面白かった。

 

最初は何をどうすると良いのか悪いのかがわからずチャンネルを変えようかと思ってたが、実況アナウンサーと技術解説の掛け合いが初めての観戦者にもわかりやすく聞いているうちにスロープスタイルの大まかなポイントがわかった。

採点の基本
かっこいい程、得点が高い

1.バランスを崩さないほどかっこいい
2.回転が多いほどかっこいい。横回転よりも縦回転の方がよりかっこいい
3.他の選手と違う事をするとかっこいい

どこに注目すればいいかがわかれば、実況と解説の話も理解でき出して更に観戦が面白くなる。

ちょっとだけのつもりだったのが気がつけばメダルの確定する所まで見てしまった。
競技の存在すら知らなかったのにオリンピック以外でもスロープスタイルの試合をテレビ中継するようにしてほしいとまで思うようになっていた。

 

もう試合中継をやらないのかとネットで調べるともうスロープスタイルはは終わりだが、ビッグエアという似たような競技はまだ試合がある。


違いがわからないのでスロープスタイルビッグエアについての説明を読んでみた。
要はスロープスタイルはいかに綺麗に技をつなげられるかで、ビッグエアは大技の単発勝負ということらしい。
それはそれで見応えがありそうである。

 

 

教訓。
人の関心を集めれるかどうかは見所の掴みやすさに尽きる

このブログもアクセス数を増やしたいなら、読者がいかにわかりやすく記事のポイントを掴んでもらえるかを考えねばならないようである。