スマホゲーマーが微課金でTOEIC800点を取った話

お金かけない留学しないでTOEIC800点取りました

仮想通貨をマイニングするなら寒い国を目指せ

DCオリジナルアニメのSon of Batmanの感想をこのブログに書こうと考えながら、ビットコインネタを書けばアクセス数が気持ちいいくらい増えるのを味わってしまうとどうしてもビットコインネタを書きたくなってしまう。

というわけで英語の勉強法ブログなのに今回もビットコインネタである。

このブログを読んでくれている貴重な読者の方々へ、取って置きのアドバイス

ビットコインは他人の熱狂を観戦するだけにして、実際に自分が投資するのはやめましょう。

あれはアクションスタントと同じように専門家の指導のもとYoutuberやBloggerが仕事でやってるものなので、素人が真似ると危険なだけ。

仮想通貨がクレジットカード並みに普及するのはまだまだ未来でしょ。

それにビットコインは仮想通貨というより仮想レアメタル

アプリを使うとビットコインがもらえるキャンペーンが増えてきたが今からビットコインは欲しくない。

どうせばらまくならまだ価格が急上昇してないアルトコインをまいてくれ。

もしかしたら爆騰するかも!と夢がある。

このブログはそもそも日本人が英語の語学学校に無駄な金を使っているのをやめさせたいという余計なお世話な志でやっている。

ビットコインは話題としては最高だが、実際に貴重な金を投資するものではない。

だいたい日本は他の国より電気代が高いから、仮想通貨の醍醐味であるマイニングをやっても損するだけだ。

それに大がかりなDIYを当たり前にやってる海外のマイニングに勝てる気がしない。

こんなだぞ。

日本人がマイニングやるなら電気代を踏まえて韓国かカナダに乗り込む気合いが欲しい。

電気代がかなり安い中国は既に仮想通貨に規制が入っている。

先週のこれの下書き段階では韓国はまだ規制がかかってなかったのだが、記事をアップするために改めてチェックしたら韓国でも規制が始まっていた。1週間でネタの鮮度が落ちてしまうとは、まさに激動のビットコインである。

あえて夢と冒険を求めるならロシアでマイニングだろう。

f:id:fintheninja:20180112031115j:plain

ロシアの地方都市は電気代が安いし、寒いからグラフィックボードの冷却にも良さそうだ。

Youtubeで英語ニュースを見てたら、ロシアでは既にグラフィックボードが品切れになるほど盛り上がってますと言っていた。

これから国を挙げて本格的にマイニングに参入するらしい。

ただし、ロシアは政府が仮想通貨を規制したかと思えば、奨励したりと気まぐれなご様子。

いつ風向きが変わって仮想通貨を全面禁止にしてくるかわかったものではない。

もっとも仮想通貨に手を出すにはそのスリルがたまらない!みたいな人じゃないと精神衛生に極めて悪いだろうが。

しかし、考えてみるとほぼほぼ英語もできない状態でアメリカ、イギリス、その他英語圏の語学学校に乗り込むのはロシアに仮想通貨のマイニングやりに行くのと同じような冒険なのだが、語学留学する人たちはそう思ってなさそうである。

カナダの語学学校に何十万も振り込んで1年だけ住むくらいなら、その金でマイニングマシンを自作したい。 それでカナダでマイニングやってる人たち向けのシェアハウスに住んだ方が英語も上達するだろう。

このブログでは何度も書いているが、大学時代に友人たちが海外の語学学校へ1年通っても英語を流暢に話せるようにならなかったし、帰国してから何年たってもなってない。

友人にはA氏のように英語が話せる人もいるが、A氏は語学学校に行ってないのである。

翻訳業をやってる友人も英語圏の”大学”を卒業しているが、語学学校へは留学しなかった。

語学学校に1年通った人よりも日本にいて毎日毎日Youtubeで英語学習のコンテンツを聞いてる私の方が英語が聞き取れるし喋れる。

ところで。 日本の英語学習産業の市場規模は毎年平均で約8000億円らしい。

でかっ!

このYoutubePodcast全盛の今時、英語を身に付けるのにそんなに金がかかるのか?

8000億円は日本人が英語が話せない事の言い訳に使っている免罪符代だ。

英語圏の語学学校に通わなくてもNHKラジオの基礎英語をスマホアプリのゴガクルで毎日聞くだけで効果がある。 基礎英語の例文を全部暗唱するだけでも、1年間にわたって毎日やれば相当英語力が身に付く。

基礎英語のテキストを毎回買っても数百円だ。

テレビのおとなの基礎英語しごとの基礎英語は面白いけど、あれは日本語での解説の方が長すぎて上達にはつながりにくい。

基礎英語が嫌ならTOEICで700点を越えるまで毎日TOEICの公式問題集を繰り返し解く、公式CDを繰り返し聴いて唱える。

TOEIC公式問題集は1冊2800円だが、語学学校の授業料に比べれば激安!

それで英語の基礎を習得したら後はYoutubeのengVidでお気に入りの講師を探して視聴しまくるもよし。

podcastでEffortless Englsihを聞きまくるもよし。

それだけでも英語でYoutubeを楽しめるようになる。

DCアニメの日本語版Blu-rayを待たなくて良くなる。

でも、ヤングジャスティスのシーズン3や実写版ティーンタイタンズは日本語吹き替えで見たい!

AXN! 頼むから放送してくれ!

実際、私は公式問題集をひたすら繰り返してTOEICで800点を取った後に、engVidとEffortless Englishを毎日聞いてるだけで3年もたてば下の"I tried living as a digital nomad for the day"は辞書なしでも理解できるようになっている。

とか偉そうに書きながら今でも海外ドラマは苦戦してるが。

Gothamはともかく、Arrowとか無理だ。 英語字幕でありでも、え?今の発音でこれを言ったのか?としょっちゅうなるのだが。

awesomefeliciaday.hatenablog.com

awesomefeliciaday.hatenablog.com

欲望の資本主義はビットコインを飲み込むのか?

Youtubeを見ていてなぜビットコインが騒ぎになっているのかの謎が解けた。

答え。

f:id:fintheninja:20180112032229j:plain

みんなが注目しているから。

みんなが注目していることで、さらにみんなが注目して、さらにさらにみんなが注目することで、というスパイラル。

前回紹介したYoutuberのLaura legendsもパソコンに詳しいGeek女子かと思いきや、他のコンテンツを見るとNerd中のNerdの女王でビットコインやっとけば視聴者が来るっしょ的なノリでやってるだけだった。

Laura legendsさんはHe-manやThunder cats大好き女子だそうだ。

日本人がまず知らないHe-manとは

もちろんこの英語学習とアメコミのためのブログがビットコインをまたネタにしているのもただ単にアクセス数が増えるから。

この弱小ブログでさえビットコインを話題にしただけで、嘘みたいにアクセス数が増えた。

ビットコインさまさま。

ビットコイン万歳!

まぁ、誰でもこうなりますな。

ビットコインネタを目当てにやって来た人向けにここが英語学習ブログである事を踏まえた上でこれを紹介する。

ビットコインでの儲けた方

CNBCのニュースでビットコインと英語の両方を勉強してみる こちらは日本人同士が互いに相手がわかるように気を使って英語で会話しているので、比較的聞き取りの難易度は低い。

いきなりネイティブの英語では難し過ぎるという人はこういうネイティブでない外国人の英語から慣れるのもアリだろう。

記事タイトルに使ったBSの番組”欲望の資本主義2018”の感想もおまけ程度に書いておく。

日本語の字幕を読みながら、話されている英語を聴くという無理な事をやってみた。

欲望の資本主義2018については他にもサブタイトルが”闇の力が目覚める”だの、第4章”フォースの覚醒”だの突っ込みたくなるところはあるのだが、一番印象に残ったのはアメリカ人の投資家の英語が聞き取りやすくわかりやすかった事だ。

アメリカではできる人ほどシンプルな英語を話すというのは本当なんですね、柴田先生!

f:id:fintheninja:20180109233849j:plain

ビットコインはバブルというよりオカルト

英語ネタでもアメコミネタでもないのにビットコインネタを書くのは、単語として出しただけでアクセス数が微増したから。

あくまで微増。

せっかくこのブログで扱うなら英語を絡めようとYoutubeで関連コンテンツを探してみたが、ビットコインはサトシ・ナカモトが作ったとかブロックチェーンがどうとか、わざわざ英語で得るような情報ではない。

今さらサトシ・ナカモトの話からかよっていう。

お得な格安航空券の探し方の話や上手なマイルの貯め方の話をするのに、まずライト兄弟の話からするか?

アメリカのYoutuberに期待し過ぎた。

日本語で検索しても分かりやすく解説してくれているサイトやブログが山ほどあるわ!

今さらビットコインの作者はイギリス人が自分だと名乗りを上げてたのはどうなったんだ。 まあ、あれは結局違ったということか。

面白いコンテンツを探すのは1日でならずで、さすがに昨日の今日では決定的なものは探せなかったが、それでもわざわざ正月からこのブログを読みに来た方々の英語を上達させるコンテンツを探してみた。

アンドロイドでビットコインを掘り出す方法

ビットコインアイキャッチサムネイルで視聴者を誘うよくあるやつ

はい、私も引っかかりました。

ビットコインは2018年に崩壊するという、とりあえず言っておけば当たるかも的なネタ振り

ここまでビットコインネタを書いておいてなんだが、今からあれに手を出すのは相当なギャンブラーだ。

もちろん2018にビットコインバブルが破裂するどうかは占い師じゃないんだからわかるわけがない。

しかしながら、既に手を出してる人はもっと資金が入ってくるように新規の参加者を呼び込むだろうくらいはわかる。

仮想通貨のマイニングは砂金掘りのような夢はあるが、電気代の高い日本でやるのはどうなんだろうか?

アメリカのゴールドラッシュの時に一番儲けたのは砂金掘る男たちにジーンズ売ってたメーカーだという。

今ならマイニング用のグラフィックボード売ってるメーカーがこれに当たるのだろうか。

こんな事を言ってるのは夢がないですな、はい。

このブログはビットコインを全く保有してないので特にポジショントークもなしである。

英語の勉強に聞いているCNBCのPodcastビットコインネタが急に増えて来たのでネットで調べて書いて程度のにわかの私でさえ調べれば調べるほど怪しさしか感じない。

なるほど、ビットコインはNight valeで作られたんだなというレベルのオカルトだ。

ジャスティスリーグダークのコンスタンティンが臭いを嗅ぎ付けて現れてもおかくない。

そして、コンスタンティンを見たらすぐ逃げるべしである。

それにしてもコンスタンティンは日本にいるのか、韓国にいるのか。

日本円での取引が増えて来たので暴落したら日本人の被害がヤバいという説もあるが、周りでビットコイン保有している人が1人もいないんですけど。

保有してるのを隠してるだけかもしれないが。

普及率でいうと日本より韓国の方が高いらしいので、2018はお隣の半島から何かとか目が離せない。

韓国で仮想通貨が普及し始めているのは、有事に備えてじゃないよなと勘繰りたくなってしまう。

韓流ファンではないが、Twiceは好きなので有事とかやめていただきたい。

ブロックチェーンという技術の持つ価値とビットコインの価値とはイコールではないはずだが、ビットコインの価値が上昇しているのはまるでブロックチェーンの将来性が認められたからみたいな主張を読むと素人のこちらは「ああ、そうなんだ。さすがフィンテックだな」と思うが自分で書いてても怪しい。

オランダのチューリップバブルと似てるよねーと言われてようだが、経済ネタに詳しい友人に聞いたら「チューリップよりサブプライムローンに似てる」とそれっぽい事を教えてくれたので、「ああ、あれね。そういういえばそうだな」と分かったような返事をしておいた。

年末ならぬ終末期を乗り切る方法を英語で学ぶ

英語、英語、英語。

毎日やらないと上達しないとはいえ、毎日YoutubeのengVidなどで英語の勉強をしているとさすがに飽きてくる。

そんな時は気分を変えて、別の英語を楽しむ。

英語の勉強が嫌になって愚痴を言いたくなったら、外国人に英語で愚痴をこぼす。

実際、ランゲッジエクスチェンジ時代には外国人の友人に英語で不満をぶちまけまくっていた。

今思えば、伸び率でいえばあの頃が一番伸びていた。

というわけで。 1年の締めくくりは英語で笑って過ごしたい。

しかし、このYoutuberは弾け過ぎてて、他の回を見てると段々怖くなって来た。

本業は女優らしいがドラマでは見た事もない。

彼女には仮想通貨のようにそのうちブレークして欲しいのものだ。

本家の仮想通貨は来年に違う意味でブレークしそうだけどな。

仮想通貨って通貨というより、あれは仮想レアメタルだろ。 値動きの激しさといい、マイニングという用語といい。

英語のリスニングを鍛えるならAudio bookよりPodcastが良い

本気で英語を身につけたいなら、簡単な英語で少し難しい英語を勉強するのが正解ルートだ。

まず日本語で英語の勉強するならもちろん選択肢はNHKスマホアプリのゴガクル、1択。

YouTube動画ならengVid。

www.youtube.com

そして、Podcastで英語のリスニングをやるなEffortless English、やはりこれ一択としたい。

一度だけでも試してみたPodcastの英語学習番組は30以上で、その中でも10くらいをあれこれさまよっていた。 勉強になりそうなものをそれぞれ30回分は頑張って聞いたが、イディオムやスラングばかり教える番組や、話し方や発音に癖があり過ぎるもの、内容が退屈で飽きたりと徐々に聞くのを止めてしまったので、結局はEffortless Englishだけになっていた。

Effortless Englishを紹介する前に、オススメできないPodcastを挙げておくとイディオムやスラングばかりを教える番組だ。

アメリカ人には通じてもイギリス人には理解されない場合もある。

よほど使用頻度が高い基本的なイディオムでもない限り覚えても、ドラマやニュースで聞くこともない。

ドラマの場合はネイティブですら聞き慣れない新語が使われていたりする。

日本語だって新語が毎年現れては消えていく。

日本語の辞典を作っている編集者が「毎年1万語の新語が生まれて、3年以内にほとんどが死語になります」とテレビで言っていた。

外国人と英語で話す時に役に立つのはシンプルで的確な表現だ。

Effortless Englishで使われいるのはそういう表現ばかりだが、番組を聞いていると難解な単語や複雑過ぎる表現無しでこれだけ色々な事が言えるのかと驚かされる。

こちらはYoutube版。 Podcast版と内容は同じ。 www.youtube.com

Effortless Englishはなんといっても無料のサンプルだけでもかなりのファイルがあって、さらに次々に新しいファイルがアップされるのでもはやPodcastの無料版だけでも何十時間分もある。

長さも様々で3分程度から30分以上までと揃っているから、気分やレベルに合わせて選べる。

勉強するよりも英語を楽しんだ方が身に付くというコンセプトなので、それこそ気分転換のつもりで気に入いったものを何回も聞いているうちに英語に慣れていく。

はっきりゆっくりと発音してくれているので、日本人にも聞き取りやすい。

難点を探すとしたら、取り上げられている話題がビジネスや自己啓発系が多く、人によっては好みに合わない点だろう。

これ1択と言うけど、本当にこれだけ?

ゆっくり過ぎる、簡単過ぎると感じ始めるくらいになったらどうするの?

EngvidやEffortless Englishでは物足りなくなるほど聞きまくった時には、YoutubePodcastで英語のネイティブ向けのコンテンツを楽しめるようになっているからなんの問題もない。

第47話 良いと思ったものはだいたい他人とかぶっている Night valeへようこそ

TED talkを聞きとれるようになってくると、俺ってネイティブ並みに英語ができるんじゃないか!と勘違いしてしまう。 そして海外ドラマを見て全然分からなくて落ち込む。

良いんじゃないかな、こういう勘違い。

語学なんか良い勘違いなくして上達なしだ。

英語のネイティブスピーカー同士の会話に慣れるには、やっぱりアメリカの語学学校に行くしかないんだ!

そろそろ止めようか、そういう勘違い。

アメリカ人が日常生活で使う生の英語に触れたいならAmazon.comのレビューかYoutubeVlogです。

留学するなら、あれをすらすら理解できるようになってから、アメリカかカナダの料理教室かクラフト教室にでも通った方がはるか効果がある。

最近、Youtubeでアメリカ人がアメリカ人向けにやってるブックレビューをネイティブスピーカーの英語に慣れる教材にしている。

既に知ってる情報を英語で聞くのに比べて、未知の情報を英語で理解しようとするとハードル上がる。

アメリカ人の日常的な英語に慣れる教材としては、自分が内容を知ってる小説や映画の英語レビューの方がハードルは下がる。

ジブリアニメを聞き取りやすい英語でレビューしてくれているアメリカ人女子。

このYoutuberは見た目がもろアジア系なのでアメリカ人なのにアメリカで「何国人?」と聞かれることについての話など、ブックレビュー以外の話題も面白い。

英語で小説のブックレビューを聞くのをやり始めた頃は10分程度のブックレビューでも1度聞いただけでは、小説のあらすじすら聞き取れなかった。

あらすじどころか登場人物すら把握できない。

しかし、語学学習の王道は繰り返しだけはあって、2回目は必ず初回よりも拾える単語やフレーズが増えている。

慣れてくると全く知らない小説のブックレビューですら英語で内容がつかめるようになってくる。

そんな中、Welcome to night valeが面白いというレビューがあった。

小説版Welcome to night valeはPodcast版をノベライズしたものでYoutubeにもあるというのでさっそく試した。

これが面白い。

どこかにあるNight vale村のローカル放送というスタンスで、村で起きる不思議な出来事をお知らせしてくれる。

面白いんだが、内容が不思議な出来事なだけに、自分が聞いた英語を誤解して不可解な話になってるのか分からなくなる事がある。

Amazon.comのレビューでもNight valeの世界にどっぷり漬かった奇妙なレビューがあって笑ってしまった。

これで英語を勉強するって記事をブログに書いたらいいかも!と思ったのだが、少し検索しただけで同様の日本語記事がいくつかあった。

しかも、かなり前から日本でもWelcome to night valeは有名らしく、それを自分が知らなかっただけという恥ずかしいオチになった。

でも良いんです。

John Maedaも「医者や弁護士じゃないなら、失敗しても問題ない」と言ってるから。

だいたい知らなかったのは恥でも、失敗ではないしな。

恥と失敗なくして、語学もブログも向上なし。

聞き取りやすい英語でWelcome to night valeをレビューしてくれている英語のネイティブスピーカー様たち。

アニメ版ジャスティスリーグ・ダークの感想

 英語の勉強のためにアマゾンで海外版のブルーレイを買ったつもりが再生してみたら英語だけでなく日本語の字幕も選択できた。

残酷描写ありのR指定なので20代の視聴者を想定しているからか、使われている英語が他のアニメ版ジャスティスリーグよりも難しい。
1巡目の視聴ではアニメ版ジャスティスリーグ”War”の時ほど聞き取れなかった。

こういう時は日本語字幕があるのはありがたい.

特典映像にまで日本語字幕がついているでどうしても楽をして日本語で見たくなる。
いかん、いかん。

 

www.youtube.com

 

内容の方は原作のコミック版JLDのファン過ぎて、アニメ版の方はしっくりこなかった。

といいながら英語が聞き取れなかったので、英語字幕つきで2巡目の視聴をしているとこれもありかなと思い初めてるのだが。

 

原作のJLDと比べなければ、エトリガンファンの私としては楽しめる。

むしろエトリガンが出てるから買ったくらいだ。

 

それにしても、コミック版のメンバー7人のうち4人が省かれて別のメンバーになってるのはどうなんだ監督。


コミック版Vol1ではチームプレイ嫌いのメンバーをマダム・ザナドウがリーダーとして最後まで苦労してまとめているのに、アニメ版ではあっさり協力し過ぎ。

それぞれのメンバーが「コンスタンティンとは組みたくねえよ」と言っていても、芸人のやる「押すなよ、絶対押すなよ!」というフリにしかなってない。

 

アニメ版は人望のあるバットマンが成り行き的にチームリーダーのようでいて、人望がないはずのコンスタンティンがふつうに仕切って話が進んでいくのもなんだかご都合主義で気に入らない。

作中でバットマンが魔術展開についていけず「うむむ」と事ある毎にうなっているが、見ているこっちもうなりたくなった。

 

コミック版との相違を言えば、幽体離脱体質のマインドワープが出てこないのはこちらも彼には思い入れがないのでいいとしても、意志を持つ不思議なマントの使い手シェードの落選が納得いかない。
メガマントをアニメで見たかったのだが、描写が複雑すぎるのか。

怖かわいい担当のエンチャントレスを落選させて、どっから引っ張ってきたのかブラックオーキッドという女子メンバーを入れてるのもわけわからず。

特典映像ではメイキングも収録されているのだがそれを見ても、なぜマダム・ザナドウやエンチャントレスを外してまでブラックオーキッドなのかは解せなかった。

 

大自然の守護者スワンプシングが入っているのはDCコミックの歴史的にコンスタンティンとつながりがあるかららしい。
それにしては大自然の守護者を噛ませ犬扱いでいいのか?

 

JLD好きだから見ていて楽しいんだがどうにも後味が良くない。

あのダークサイドが侵略して来るよりも被害が大きいとしか思えないほど街が壊滅している。
後遺症的にはジャスティスリーグ”War”のダークサイドを軽く越えてる。

 

コンスタンティンがザターナに「魂を汚さないために殺しだけはやってはいけない!」と叫んでるが、お前がヘマしたせいで一般市民が互いに殺し合ってるんだよ!と突っ込みたくてしょうがない。
コンスタンティンを地獄にでも封印しておいて、バットマンとエトリガンで魔王を処理していれば被害はもっと少なくてすんだであろう。

 

結論。
悪の魔王よりもジョン・コンスタンティンの方がはるかにヤバイ奴である。

そして、ジャスティスリーグ・ダーク。
おまえらはスーサイド・スクワッドよりもダークだ。

そのうちロビンが率いる方のリージョン・オブ・ドゥームが同盟を申し込みに来るだろう。 awesomefeliciaday.hatenablog.com