スマホゲーマーが微課金でTOEIC800点を取った話

お金かけない留学しないでTOEIC800点取りました

買ったけど不満が残ったリスニングの本

今でも本屋へ行くと英語コーナーへ立ち寄ってしまう。

ジャスティスリーグやヤングジャスティスのアニメのブルーレイを英語で楽しめるようになったのだから、もう日本語で書かれた英語の勉強本など要らないのだが、ブログに書くネタを探しているんだと自分に言い聞かせて英語本コーナーを覗いてしまうのである。

 

英語コーナーで立ち読みした後の感想は毎回同じで、”日本語で解説してある英語の勉強本は英語の上達には意味がない”だ。


とはいえ、英語の発音の聞き取りについては、さすがに日本語で解説してある本がベストではないかといくつか買ってしまった。

 

結論。

Youtubeの英語学習動画を見て、何度もあれを真似した方が良い。

www.youtube.com

 

買った本の何がいまいち気に入らないのかを書いてみる。

 

ここで取り上げるのは"瞬時にわかる英語リスニング大特訓"。

この本にはリスニング用のCDが2枚ついているのだが、実は1枚目はかなり良い。

 

使われている表現は

Keep the backup data.

Let's light a candle.

 He works on the farm.

など大学生なら一瞬でわかるレベルだ。

 

そこまで簡単なのにも関わらず、他の単語とセットでなら文脈からわかるのだが単体で聞くと全く推測できない単語がいくつか出てくる。

 

意味の簡単な単語の聞き取りを完璧にしておかないと、複雑な文法を把握できるのにいつまでたっても読めばわかるから抜け出せない。

 

瞬時にわかる英語リスニング大特訓の第1章の”これだけは絶対にマスターしたい音42”は確かにテキストを見ないで瞬時にわかっておきたい単語ばかりだった。

 

1枚目のCDを終えた時点ではこの本をブログで勧めようと考えていた。

しかし、2枚目の内容が良くない。

 

実践編として日常会話、ビジネス、海外旅行と分野別に簡単な表現が読み上げられていくのだが、なぜか2枚目から急に日本語訳も読み上げられる。

 

しかも、選ばれているフレーズが各トピックで8つずつしかないのに、「冠婚葬祭」、「プレゼンテーション」、「道を尋ねる」と範囲もレベルも広げ過ぎている。

「道を尋ねる」フレーズを必要な人が英語の「プレゼンテーション」をやるのは無理じゃないのか?

 

実践編には約260個のフレーズが収録されているが、これならNHKおとなの基礎英語で挙げられているフレーズを同じ数だけ覚えた方が実用性が高い。

 

1枚目のCDが良かっただけに非常に惜しい本である。

日本人が苦手な子音の聞き取り練習用に1枚目だけに1400円を払えるなら、買うのはありだ。

語学学校に比べれば遥かに安い。

 

かくいう私も買ってしまったものはしょうがないのでコツコツと毎日30分程度、テキストなしでCDを聞いて発音を真似ていた。

 

結果としては1巡目にして効果を感じられて、拾えきれてなかった単語をいくつか聞き取れるようになった。

 

本の帯にある"リスニングは誰にでもできる!カンタンフレーズで聞き取れる音を積み上げるだけ。"は嘘ではない。

 

帯には"ネイティブはstop itストップ イットとは言いません。stop-itスーピッと言います"ともあるのだが、近い音ならカタカナ発音でも通じるというコンセプトも良く、帯だけで練習理論の全てを言い尽くしているというシンプルさも良かった。

学習の壁を越えた者だけが次のレベルに行ける

どの世界にも壁がある

ねほりんぱほりんネトゲ廃人をやっていた。その中で「16時間の壁を越えてない奴が廃人を名乗るな」と言ってて、笑うと同時に納得してしまった。

1日20時間も没頭しながら、ストップウォッチを片手に5分単位で成果効率を測っている話は参考になる。

どんな分野であっても全国トップレベルの人のアプローチを聞くのは興味深い。

あの番組は民放の下手なニュース解説番組よりためになる。

微課金主義のこのブログなんかゲーマーを名乗るのも恥ずかしいレベルだ。

しかし、あの廃人さんは番組では働いてないという扱いになってたが、ゲーム攻略関連で月収数十万円あるなら仕事でしょ。

それを無職というところがいかにも日本ぽい。

アメリカや中国なら単に職業プロゲーマーなだけ。

 

それにしても、16時間はヤバすぎる。

MCのYouがタレントにも特番8時間の壁があると言ってたが、どんな分野にも頭一つ抜けようとすると壁があるんだと感動してしまった。

 

f:id:fintheninja:20171109171125j:plain

 

英会話にも30分の壁がある

英語を上達させたくて、知り合った外国人とskypeで話すようにしていた時があった。

始めた頃は話の内容に関係なく英語だけで30分話すとものすごく疲れていて、話が盛り上がって向こうがもっと話したいと言い出しても、30分の壁にぶち当たるとそこからは英語で何を話されても雑音にしか聞こえない。

こっちの頭が英語に反応しなくなってしまうのだ。

海外でたまたま知り合った留学中の日本人と話した時に、「英語でずっと話すのつらくなりませんか」と聞いたら、
その日本人は「全然、英語で話すのってすごく楽しいです」と言うので、この人すごいなと思ったものだが、実際にはその人は英語のネイティブからものすごくゆっくりはっきり話しかけてもらっているだけだった。

手加減なしのスピードと語彙を使ってくる外国人と英語で30分話すことができるか。

わざわざモチベーションを高めなくても3時間以上(1時間ドラマ2本見て、ペーパーバックを1時間読めばあっという間)英語圏のコンテンツを読んだり聞いたりできるか。

これが英語における壁だ。

f:id:fintheninja:20171109171534j:plain

この壁を越えれないと思うなら、英語に使う時間とお金がもったいないので他に投資した方が良い。

 

オーストリアへのこじれた愛が止まらないA氏の話

前回の記事だけではこのブログはオーストリア航空への不満をぶちまけて終わってしまう。 友人A氏は「それで十分」というが、そこをなだめてオーストリア航空の良いところを聞いてみた。

友人A氏 「良いところ? 特にない。 日本とウィーンの直行便が再開されると機内誌にはあったが、俺は使わない」

ーそうすねるな、大人なんだから。 なんかあるだろ。CAが美人とか。

「ない。 チェックインカウンターも機内もCAの愛想は良くない(あくまでA氏の個人的な感想です)。 大韓航空のCAの方が遥かに愛想が良い。 次にヨーロッパ行くなら大韓航空を使いたい。 オーストリアではアジア人への蔑視を何度か体験したから、余計にあの会社(オーストリア航空)の印象が悪い」

ー坊主憎けりゃ、袈裟まで憎くいですか。 でも、オーストリア航空のスタッフの英語は聞き取りやすいんだろ

「それはあった。 唯一の良いところはそれくらい。 そうそう、他にもあった」

ーそれください

機内食が温かくて美味しかった。 カゴに入れたパンを配っていたが、それもうまかった。 あれは当日焼いてるね」

ーほら、あるじゃないか

「でもな、ウィーンのWiener Wald(レストラン)で料理に袋入りソースやパンも付いてきたから使ったらそれは別料金だった。 そういう場合もあるのは知ってたが、(オーストリアの)別のレストランではケチャップやマスタードは無料だったのによ」

ーそれはオーストリア航空と全く関係ないんだが

「デーメル(カフェ)の店員も接客が悪かった。 ウィーンのホテルでフロントにスタッフが一人もいなくて、10分もチェックインを待たされた事もあった。 オーストリアはああいう国だよ。 オーストリア航空の機内誌なんか、暑苦しいくらいウィーンの宣伝とオーストリア万歳の話ばっかり(個人的な感想です)で…」

オーストリアの航空会社がオーストリア万歳なのは当たり前では?

「これだけは言いたい。 ステファン大聖堂周辺のモーツァルトもどきはうざ過ぎる。 なんでぼったくりが公認されてるのか理解できない」

ーそれでも良いところもあった?

「トルコ系がやってるケバブは日本のよりうまい」

オーストリアでの豊かで感動に満ちた旅行の興奮でまだ怒りが冷めてない友人A氏だが、オーストリアを好きな故のツンデレという事にしておく。

オーストリア航空が嫌いになったけどそこのスタッフは悪くないと思いたいAさんの話

友人Aがヨーロッパに行ってきた。

すかさず英語にまつわる経験について聞いてみたところ、英語の話というよりオーストリア航空への不満を聞く羽目になった。

オーストリア航空は荷物の持ち込み制限が厳しいらしい。

基本的に手荷物だろうが預ける荷物だろうが、とにかく8Kgまでしか駄目らしい。

友人は今回初めてオーストリア航空を使ったのでそれを知らずヨーロッパの移動でチェックインをしようとしたところ、キャリーバッグの重量が8kgを越えているから追加料金を払えと言われたそうだ。 英語とはいえ言ってる内容はわかったそうだ。

しかし、友人Aは荷物の重さが8kgを少しでも越えたら23kgまでは全て同じ40ユーロの追加料金だというのが納得できない。

英語なので自分の聞き間違えかと思った彼は確認してみた。答えはやはり40ユーロ払わないと荷物は受付られないとの事だった。

友人Aは他の航空会社が10kgまでOKなので、オーストリア航空もそうだと思い込んでいた。しゃーないとそこは払った。

しかし、後で調べると事前に超過分の料金を払っておけば安く済むとオーストリア航空のサイトにあるのを知る。

そこで、ヨーロッパを周遊していた友人Aは次の移動分は事前払いにしようと考えた。

ここから友人Aはオーストリア航空に怒りを募らせていく事になる。

航空会社のサイトには電話かインターネットで荷物の超過分の事前支払いができますとあるのに、友人Aが探せど探せどその手続き方法が見つからなかったという。

更にビジネスラウンジ利用へのアップグレードなどのオススメ情報までは日本語表記だったサイトも、事前支払いに関する話になると急に英語になったのも友人Aの怒りを増す原因となる。

「なんで客にとって便利な割り引きの話になるといきなり英語になるんだよ!高い料金払わせたいだけかよ。全部日本語にしろ、日本語によ」とは友人Aの弁である。

結局、友人Aは英語に苦労しながらもなんとか事前支払いの手続きを見つけるも、その手続きに入ると何度やっても座席の変更かビジネスクラスへのアップグレードしかできないとなったそうだ。

このままではまた40ユーロを払わされる。 なんで23kgまで一律の超過料金なんだ。 他の乗客は明らかに8kgを越えてそうな大きい荷物を持ち込んでたがあれはなんだ。 友人Aの頭にはイライラと共にオーストリア航空への色々な文句が浮かんだという。

友人Aはどうしても1、2kgの超過に40ユーロも払いたくなかったという。 しかし、まだ友人Aの旅は半ば。これから日本へのお土産が増えることはあっても荷物が減ることはない。

こうなったらと友人Aは最後の手段に出た。 それは英語での電話による手続きであった。

経験のある人ならわかるかもしれないが電話で英会話をするといきなり難易度が上がる。

会った状態なら身振り手振りや紙に書いて伝えるなどの英会話以外のコミュニケーションルートもある。

当たり前だが電話では音声のみなので、聞き取れない時にでは書いてくださいとは言えないのである。

しかも、友人Aのスマホは海外ローミングにしてないので電話がかけれない。

どうするんだ友人Aよ。こういう時はいっそ40ユーロ払った方が楽じゃないのか?

しかし、友人Aのオーストリア航空への怒りはもはや金の問題だけではなくなっていた。 会社に文句を言わないとどうしても気が済まなくなっていたらしい。

そこで友人AのスマホSIMフリーだったこともありプリペイドSIMカードを買って、直接対決する方法を選んだ。

2Gまでネットができるうえに1000分まで電話で話せて10ユーロくらいだそうだ。

意を決してオーストリア航空のサポートセンターに電話したところ、これが担当のお姉さんの英語は聞き取りやすく対応も親切だった。

ただメアドを英語で伝える場面で「スペルを間違えないようにアルファのA、チャーリーのCみたいな感じで言ってね」と言われる想定外の苦労はあったそうだ。

友人Aが言うには「とにかく手続き自体は何の問題もなく進んだよ。海外ならクレジットカードはマスターかVISAだな。JCBだとダメだったかもな。受付のお姉さんはノリがよくて明るい性格だったし、もっと早く電話にしておけば良かった。でもオーストリア航空は嫌いになった」との事である。

超過分の追加料金の40ユーロは安くはない。

しかし、友人A並みの英語コミュニケーションレベルになるまでにかかる費用を考えるなら、大半の日本人にとっては40ユーロ払った方が早い気もする。

友人Aの英語力は本人の自己申告によると英語でCNNやBBCが6割わかるレベルだそうだ。

このブログの勉強方法は友人Aがやっていた勉強方法も参考にしている。 友人Aの勉強方法の基本は「考えるな、練習しろ。人をあてにするな、まず自分でなんとかしろ」というスパルタ式である。

ヤングジャスティス シーズン3 配信局未定

アメリカのヤングジャスティスファンのブログやtwitterを見てると、未だにシーズン3はフェイクニュースじゃないと念押ししている。 どんだけフェイクニュースが溢れてんだよアメリカは!

フェイクニュースを疑いたくなるのもわかるのは、シーズン3がどんな形で配信されるかすら決まってないのもある。

シーズン2まで配信を担当していたのはカートゥーンネットワークだが、なぜか今回はそこでは放送されないだろうと言われている。

Netflixかワーナーブラのデジタル配信というのが有力な候補らしい。

日本での放送は早くても2019年以降だろう。

アメリカの配信形態がなんであれ日本ではカートゥーンネットワークが吹き替え版をやってくれればいいのだが。

しかし、シーズン1の日本語版DVDすら発売されてない事を考えると、ヤングジャスティスのシーズン3の日本語版吹き替えも危ういか?

Netflixで日本語吹き替え版が配信されるなら、これは加入を真面目に検討せねばならない。

失敗なんか気にしていては英語なぞ話せるようにはならない

ポイントサイトの紹介記事を書いた。

 

awesomefeliciaday.hatenablog.com

これ経由で登録してもらえばいきなり1000ポイント分もらえる。

還元率1%の買い物で1000ポイント貯めるなら10万円も買わないといけないのでこれは紹介される側にとっても得だし、こちらもブログ継続の励みになる。

お互いにポイントをもらえるなんて、つまりこれぞウィンウィンじゃないかと思った。

しかし、この記事を書いて以降ブログへのアクセス数はなぜか増えたがバナー経由で登録した人は0だった。

かけても0、足しても0のゼロだ。

英語の勉強なぞに無駄なお金と労力を費やす日本人が1人でも減ってくれればと始めたブログだが、2週間とはいえ訪問者の誰1人としてこのブログの提示したウィンウィンに賛同しなかったことにショックを受けた。

だが、気を取り直して次の記事を書くために記事をチェックしていたら、ハピタス紹介バナーをクリックしてもバナー画像が拡大されるだけでハピタスのサイトに飛ばない事に気づいた。

英語は微課金で習得しろというこのブログの主旨に賛同していなくても、バナー経由で登録して1000ポイント(1000円分)だけがっつりもらっとこうとクリックしてくれた人も1人くらいはいたかもしれない。

(8/28追記、登録しただけでもらえるのは200ポイントだけだったという再び痛恨のミス)

ある種のアフェリエイトバナーを貼るなどという慣れないことをした挙句がこれである。

招待バナーを貼っておいてクリックしても招待されないのでは、ちょっとした罠にすらなっている。

逃がした魚は大きいで結局誰もバナー経由で登録しなかったかもしれないが、お互いに得するウィンウィンのチャンスを提示しておいてそれを自ら潰すとは。

 アホ過ぎた。

 

 

だが己の凡ミスにいちいち落ち込んでしまうようでは英語などやってられないのだ。

失敗した分だけ上達するのが現実だ。

英語で読んでるこの本にもそういった事が書かれていた。

f:id:fintheninja:20170828004902j:plain

英語ネタで転んだら英語ネタで起き上がりたい。

というわけで性懲りもなくまた招待バナーを貼っておく。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

8月中ならこのバナーを経由して登録するといきなり1000ポイント(1000円分)もらえる。

(お詫び。こう書いたが実際には登録して200ポイントで、さらにポレットにチャージすると追加で800ポイントもらえる仕組みだった。調べが甘くてすんませんでした。恥の上塗りとはこのこと。でもめげないでおく)

 

英語の勉強を頑張っているがちっとも話せるようにならないと悩んでしまっている人は貯めたポイントで、光文社文庫の「銅メダル英語」をめざせ! 発想を変えれば今すぐ話せるを買うのすすめる。

 

できるだけ効率良く英語教材やアメコミを買う方法

できるだけ安く買うなら、ポイントサイトのハピタスを利用するのが手軽でお得だ。

 

なぜハピタスなのか

理由は2つ

最初の登録に必要な個人情報がメアドと生年月日だけなので登録の敷居が低い。

ハピタス堂書店というオンライン書店をもっていてそこの還元率が7%もある。

 

手順をまとめるとこうなる

1.買いたい本をハピタス堂書店で購入してポイントを貯める。

f:id:fintheninja:20170810230311p:plain

 

2.貯まったポイントをamazonギフト券に交換して英語の本や英語版のアメコミ、ブルーレイを買う。

日本語版のアメコミならハピタス堂書店でも還元率7%で買える。

f:id:fintheninja:20170810230400p:plain

 

3.買った本を大事にしてひたすら読み込む

f:id:fintheninja:20170810231410j:plain

 

4.これを繰り返すうちに英語の力も貯まっている

f:id:fintheninja:20170810231553j:plain

 

 このブログのバナー経由で登録すると少しお得になる。日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

このバナーを経由しても、登録した人の情報は一切こちらには知らされない。

紹介者のこちらにもポイントが入るのでこのブログの継続のモチベーション維持のために匿名の微課金をお願いする。